高校生バイトの面接のコツとは?

高校生バイト 面接

 

面接時のポイント1:派手な服装はNG!

gazou2

 

まずは服装。

 

過度なファッション、アクセサリー、化粧は相手に不快感を与える可能性がありますのでNGです。

 

但し、ギャル御用達のショップの場合、自分のメイクやファッションが自己アピールの1つにもなりますので、TPOに合わせ臨機応変に対応することが大切です。

 

高校生の場合、制服でもOKです。

 

面接時のポイント2:遅刻はNG!

 

約束の5〜10分前には到着しておきましょう。

 

5分くらいなら…などという甘い考えは社会では通用しません。

 

どうしても遅刻してしまいそうなときは、遅刻が確定した時点で早めに連絡をするようにしましょう。

 

面接時のポイント3:忘れ物NG!

 

面接に行く前に、忘れ物が無いか必ず確認してください。

 

  • 履歴書(証明写真が貼ってあるかも確認しましょう。)
  • 筆記用具
  • 地図
  • アルバイト先の住所・電話番号
  • 面接をしてくれる人担当者の名前

 

面接時のポイント4:自分から挨拶しよう!

 

面接場所についたら、

 

「本日○時より面接をしていただくことになっています、○○と申します。採用担当の○○さんお願いします。」

 

と伝えましょう。

 

採用担当の方が見えるまでヒマだからといって携帯を弄ったりするのはNGです。

 

面接時のポイント5:質疑応答をシュミレーションしておこう!

 

面接では

 

「当社・当店に応募をした理由は?」
「あなたの長所は?」
「土日は働けますか?」
「週に何日くらい、1日何時間くらい働けますか?」

 

・・・などといったことを聞かれますので、事前にシュミレーションをしておくことが大切です。

 

また、面接というのは自分を売り込む場というだけではなく、自分も相手を見定めるという場でもありますので、勤務時間や仕事内容など聞きたいことがあったら面接時に確認しておきましょう。

 

面接時のポイント6:相手の目を見よう!

 

採用されれば、あなたはこれから一緒に働く仲間です。

 

ずっと下を向いてしゃべっている人とコミュニケーションが取れると思いますか?

 

緊張するとは思いますが、相手の目を見て、しっかり話すことが大切です。

 

面接時のポイント7:タメ口はNG!

 

面接をしてくれる人はあなたの友達ではありませんので、タメ口は言語道断です。

 

敬語が苦手という人でも、丁寧に話すことを心がけるだけで大分印象が変わります。

 

緊張すると早口になってしまう方もいると思いますが、なるべくゆっくり丁寧に話すことを心がけましょう。

 

ranka2

バイトル2

arrow

公式へ